モデリング

曲面を重視したイメージ意匠や図面を3次元CADデータで作成。
幾何要素を最適化し、加工処理の効率まで考慮した数値データに仕上げます。

特に曲面の多く含む意匠はその3次元曲面の作成に熟練度を要します。デザイナーや設計者は本来の専門業務の重視させ、当社ではモデリング作成の専門部門を所有、3次元データの精度を極限まで突き詰めます。品質の良い3次元データはその応用であるCGや造型加工(光造形、粉末造形または3Dプリンター等)、切削加工などの工程で作業効率を改善させ、物つくりの製品品質を向上させます。データの品質こそ、製品品質の基礎となるものと当社は考えております。

モデリング

モデリング 途中

当社のモデリング部門は図面、写真、CGまたは実際のパーツからのお客様の意図に合致した3次元データを作成いたします。単純に寸法のみを重視した画面上の形状だけを考慮するのではなく、次工程での3次元データの用途を理解したうえで、その使用に最適化したデータを作成することを目的としています。
3次元CADデータの特異性を熟慮したモデリング技術者は、幾何的な条件に沿ったデータを作り込むため、加工機や造形機、変換時に3次元曲面が変形することを極限まで抑え込むことが可能です。

クラスAサーフェス

意匠面確認

モデリング分野でも、特に車両意匠では面と面の接続を特殊な条件で連結させ、光の反射などまでもスムーズにさせる接面をもつ複数データの作成が必要となります。
この接面のつながり条件をG3(曲率変化率連続)まで加えた面をクラスAサーフェスと呼びます。弊社ではCatiaV5を車両の基幹3DCADと設定し、ICEMサーフ等のクラスAサーフェスモデラーを駆使、お客様の要望に沿った車両の意匠を生成させることが可能です。

リバースエンジニアリング

一般的には3次元データから製品を作ります。リバースエンジニアリングは、3次元データがないまたは損失した場合、また複製を作成したい場合など既存の製品の形状を3次元測定し、その形状を正確に複製する技術です。
当社でもドイツGOM社のATOS2を使用、0.3mmまでに誤差範囲内でバンパーやボンネットの大物、0.1mmの誤差範囲で携帯電話やデジタルオーディなどの複製を作成することが可能です。車両ではクレーモデルからクラスAサーフェスを作成する際もこの技法を活用します。

  • ATOS2にて測定
  • デザイン
  • データ
  • 設計

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

  • 解析・検証・評価
  • 試作
  • 製造