コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

当社はグループ全体の経営における透明性と信頼性の向上を通じて、株主の権利・利益を平等に保障し、株主以外のステークホルダーとの円滑な関係を構築し、健全で持続的な企業価値の成長を実現するため、コーポレート・ガバナンスの充実を図っております。

体制と概要

経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織について、コンプライアンスの徹底、リスク管理及び内部統制の向上を図るため、以下の体制を採用しております。

会社の機関の概要

取締役会

当社の経営上の意思決定機関は、取締役会であります。
取締役会は、原則毎月1回開催し、重要課題の討議決定及び業務執行の状況の監督を行っております。
また、当社は執行役員制度を採用しており、上記の経営上の意思決定を迅速に業務執行し業務責任を明確化することとしております。

監査役会

当社の監査役会は、常勤監査役1名、非常勤社外監査役2名で構成され、原則毎月開催されております。各監査役は、会社法の規定に基づき株主の付託に応えるため、取締役の業務執行が法令、定款及び社内規程等の定めるところによって適正に行われているか否かを監査するとともに、監査を通じて経営の効率的な執行を側面より支援しております。具体的には、監査計画に基づきガバナンス体制及び法令遵守状況の監査や内部統制の監査等の業務監査、事業報告並びに計算書類及び附属明細書の監査や会計監査人監査の相当性監査等を実施しております。代表取締役とは四半期毎に経営懇談会を開催し、経営方針の確認と重要な経営課題について意見交換を行う等、代表取締役と意思疎通を図り、信頼関係を醸成しております。また、内部監査室から毎月活動報告を受けるとともに四半期毎に監査連絡会を開催し、相互に情報伝達と意見交換を行うことにより、適正かつ効率的な監査を行っております。さらに、会計監査人との連携につきましても、四半期毎の決算報告聴取に加え、適宜意見交換・情報共有のための会合を行い、緊密な連携体制を構築しています。
なお、常勤監査役那和保志は、直近まで当社親会社である三井化学株式会社において監査役を務めていた経歴があり、上場企業の監査役として豊富な知見を有しております。さらに、同社におけるコーポレート部門、事業部門、海外現地法人社長等の幅広い業務経験に基づき、会社経営全般に関する高い見識を有しております。監査役山田庸男は、弁護士の資格を有しており、企業法務及び税務に精通しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。監査役中田貴夫は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

コンプライアンス体制の整備

当社グループは、引き続き「コンプライアンス重視の経営」による健全な企業活動を推進することが重要であると考えております。そのため、コンプライアンス委員会を設置し(毎月開催)、当社グループのコンプライアンスに関する基本的意思決定、発生した問題やコンプライアンスに関する施策につき討議を行っております。また、かかる意思決定に基づいた各種社内規程の改定、各階層に対するコンプライアンス研修の実施やマニュアルの配付及びコンプライアンスに関する情報発信等の様々な活動を通してコンプライアンス体制の強化に取り組んでおります。さらに、問題発生時や内部通報がなされた場合には同委員会に即時に報告がなされ、迅速な対応をとることができる体制となっております。なお、内部通報の社外窓口も顧問法律事務所に設置し、より通報しやすい体制を整えております。

役員の選任理由

取締役

氏名

選任理由

下郡 孝義

当社親会社である三井化学株式会社において執行役員、取締役を務めてきており、経営者としての豊富な経験と見識を有しております。さらに、自動車用途にも用いられる機能性樹脂の事業分野に精通するとともに、グローバル経営への知見も豊富であります。取締役として当社グループ全体の業務執行状況の管理監督に適切な人材であると考えております。

金 太浩

複数のグローバルな上場企業において代表取締役、取締役を務めた経営者としての豊富な経験と見識に加え、堪能な語学力、強いリーダーシップを兼ね備えておりますので、グローバルに事業を展開する当社の取締役として適切な人材であると考えております。

小守谷 敦

当社親会社である三井化学株式会社において、長年にわたる豊富な経験に基づき、自動車用途にも用いられる機能性樹脂の事業分野に精通しております。さらには、同社において海外現地法人社長も経験し、グローバル経営への知見も豊富であります。取締役として当社グループ全体の業務執行状況の管理監督に適切な人材であると考えております。

藤田 隆夫

入社以来、主に自動車を中心とした開発支援事業の生産に従事し、現在では常務執行役員としてオートモーティブ事業本部長を務め、開発支援事業の経営全般に関する知見を有しておりますので、取締役として適切な人材であると考えております。

井上 純一

当社親会社である三井化学株式会社において、幅広い分野における事業経験を基に、高い見識を有しております。さらに、現地法人社長も含めた海外経験が豊富で、グローバル経営への知見も有しており、近年は社長業務秘書を務め、会社経営全般を俯瞰する業務を経験しております。取締役として、当社グループ全体の業務執行状況の管理監督に適切な人材であると考えております。

松本 展明

オリックス株式会社において、長く投資銀行業務に携わり、投資先の経営改革等に豊富な経験を有しておりますので、取締役として当社グループ全体の業務執行状況の管理監督に適切な人材であると考えております。

髙井 伸太郎
(社外)

弁護士としての豊富な経験、幅広い見識と様々な企業における社外役員としての経験を有しており、客観的・専門的な視点から当社のコーポレートガバナンスを一層強化するための社外取締役として、適切な人材であると考えております。

監査役

氏名

選任理由

那和 保志

当社親会社である三井化学株式会社において監査役を務めており、上場企業の監査役として豊富な経験と知見を有しております。さらに、同社におけるコーポレート部門、事業部門、海外現地法人社長等の幅広い業務経験に基づき、会社経営全般に関する高い見識を有しておりますので、監査役として適切な人材であると考えております。

山田 庸男
(社外)

弁護士としての豊富な経験、幅広い見識と様々な企業における社外役員としての経験を有しており、社外監査役として適切な人材であると考えております。

中田 貴夫
(社外)

公認会計士としての豊富な経験と企業会計に関する専門的な知見を有しており、社外監査役として適切な人材であると考えております。

コーポレートガバナンス報告書

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。 Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。