skip to Main Content

K.W.

製造職
2017年入社

先輩から教わった。

 

失敗するからこそ

 

得る学び。

K.W.

製造職
2017年入社

先輩から教わった、「失敗するからこそ得る学び」。

デスクワークからの転身。

前職は溶接の材料を販売するメーカーで技術営業職として商品の販売や溶接のデモストレーション・溶接施工といった仕事をしてました。主にデスクワークが中心でしたが、お客さんと関わっているうちに段々と「ものづくりに携わりたい」という気持ちが強くなり、今まで得た溶接・鉄鋼の知識や技術を生かせるアークへ応募しました。決め手は、仕事内容や社内の雰囲気が良かったこと、また会社として溶接の知識や技能を有している人材を欲していることもあり、自分の今までのキャリアを活かした仕事ができると思い入社しました。

奥深い、磨き作業に熱中。

私が担当している仕事は,主に金型の仕上げ作業です。金型の製作順序として、まず鋳造された鋳鉄を製造し、次にその鋳鉄をマシニングの機械で精度良く削ります。そして最後の調整は手作業となり、この最後の仕上げの作業をおこなっています。
一口に磨き作業と言っても、番手や磨き方等で非常に品質が変わってくるので奥が深く熱中できる作業になります。また近年では、金型が複雑化し、お客様から求めらる品質も日々高くなっています。そんな中で自分たちの経験や知識を生かしながら工夫をする事により、品質を上げ、作業効率を改善する事ができる点に面白さや達成感を感じています。

デスクワークからの転身。

前職は溶接の材料を販売するメーカーで技術営業職として商品の販売や溶接のデモストレーション・溶接施工といった仕事をしてました。主にデスクワークが中心でしたが、お客さんと関わっているうちに段々と「ものづくりに携わりたい」という気持ちが強くなり、今まで得た溶接・鉄鋼の知識や技術を生かせるアークへ応募しました。決め手は、仕事内容や社内の雰囲気が良かったこと、また会社として溶接の知識や技能を有している人材を欲していることもあり、自分の今までのキャリアを活かした仕事ができると思い入社しました。

奥深い、磨き作業に熱中。

私の仕事内容は、現状の生産課題の改善、新しい生産技術の開発などを主に手がけています。また、工場内の保全や工務の業務を行うこともあります。メインの担当業務としては、CFRPなどの複合材料の成形に関する新技術の開発です。自動車業界のEV化に伴う車両の軽量化が課題となる中、複合材料が注目されており、各自動車メーカーが注力している新技術です。お客様の要望の複合材料を要望通りの形状に製作するための技術開発を日々行っています。今担当しているイベントでは、現在の自動車では、金属等の材料で製作されている部品を複合材料へ置換する技術開発の支援を行っております。今はまだ1車種のみの試験的開発ですが、この技術を確立できればメーカー全車種に適用する話も出ており、これからの主流を作り出す可能性を秘めた業務に楽しさや、やりがいを感じています。

短納期への挑戦。

溶接の技術には自信がありましたが、求められる納期が非常に厳しい仕事もあり対応に苦労しました。特に入社した年に受注した量産金型の仕事は、材料や溶接工法が試作工法とは異なり、溶接前準備に非常に手間と時間が掛かるものでした。普段通りの仕事をしていてはとても納期に間に合わないので、溶接前準備の改善がどうしても必要でした。会社にある限られた設備で何とか打開策はないか、ベテランの先輩にアドバイスをいただいたり、自分の知識と経験をフルに活用して閃いたアイディアを試してみました。その結果、作業効率を2倍にすることに成功して、納期に間に合わせることができました。苦労はしましたが、自分自身が貢献できたことを実感できて、喜びも大きかったです。

短納期への挑戦。

溶接の技術には自信がありましたが、求められる納期が非常に厳しい仕事もあり対応に苦労しました。特に入社した年に受注した量産金型の仕事は、材料や溶接工法が試作工法とは異なり、溶接前準備に非常に手間と時間が掛かるものでした。普段通りの仕事をしていてはとても納期に間に合わないので、溶接前準備の改善がどうしても必要でした。会社にある限られた設備で何とか打開策はないか、ベテランの先輩にアドバイスをいただいたり、自分の知識と経験をフルに活用して閃いたアイディアを試してみました。その結果、作業効率を2倍にすることに成功して、納期に間に合わせることができました。苦労はしましたが、自分自身が貢献できたことを実感できて、喜びも大きかったです。

失敗への怖さを克服。

金型の仕上げは、ハンドワーク作業が主で、ベテランの先輩社員達は非常に上手いです。最初に見たときは魔法でも使ってるのかと思うほど驚きました。その為入社当初は私も素人でしたので、私も今後このような作業が出来るのか不安になりました。最初は工具の当て方も知らなかったのでいざ挑戦した時には失敗の連続で、時には金型の形状を崩してしまうこともありました。そんな時には先輩社員に助けてもらいました。また、時には失敗することが怖く、作業に臆することもありましたが、そんな時には先輩社員に「失敗して覚えないとできないからやってみろ」と背中を押してもらい失敗を恐れずに挑戦する事ができました。その後も何度も挑戦と失敗を繰り返し、その都度アドバイスを受け現在は何とか一人前の作業をこなせるようになっています。経験しながら自分なりの感覚を掴んでいく作業なのでまだ失敗することも多いですが、職場の雰囲気は良く、失敗しても誰も責めてくるような職場じゃないのでのびのび仕事をする事ができています。

失敗への怖さを克服。

金型の仕上げは、ハンドワーク作業が主で、ベテランの先輩社員達は非常に上手いです。最初に見たときは魔法でも使ってるのかと思うほど驚きました。その為入社当初は私も素人でしたので、私も今後このような作業が出来るのか不安になりました。最初は工具の当て方も知らなかったのでいざ挑戦した時には失敗の連続で、時には金型の形状を崩してしまうこともありました。そんな時には先輩社員に助けてもらいました。また、時には失敗することが怖く、作業に臆することもありましたが、そんな時には先輩社員に「失敗して覚えないとできないからやってみろ」と背中を押してもらい失敗を恐れずに挑戦する事ができました。その後も何度も挑戦と失敗を繰り返し、その都度アドバイスを受け現在は何とか一人前の作業をこなせるようになっています。経験しながら自分なりの感覚を掴んでいく作業なのでまだ失敗することも多いですが、職場の雰囲気は良く、失敗しても誰も責めてくるような職場じゃないのでのびのび仕事をする事ができています。

H.W.

試作品製造職
(電装担当)
2018年入社

試作品製造職(電装担当) 2018年入社

T.N.

設計職
(民生品分野担当)
2008年入社

設計職(民生品分野担当) 2018年入社

K.I.

設計職
(自動車分野担当)
2014年入社

設計職(自動車分野担当) 2014年入社

R.F.

営業職
2005年入社

営業職 2005年入社

T.A.

生産技術職
2018年入社

生産技術職 2018年入社

K.W.

生産技術職
2018年入社

製造職 2017年入社

S.O.

経理職
(単体担当)
2005年入社

経理職(単体担当) 2005年入社

Back To Top