skip to Main Content

S.O.

経理職(単体担当)
2005年入社

周囲からのサポートを糧に、

 

管理会計・原価計算の

 

プロフェッショナルに。

S.O.

経理職(単体担当)
2005年入社

周囲からのサポートを糧に、
管理会計・原価計算のプロフェッショナルに。

プログラマーからの転身、新たな環境にチャレンジ。

前職は、システム系の企業でプログラマーとして働いていました。そこでは、多種多様な職場へシステム導入のお手伝いをしていました。その中でシステム導入以外でも会社の色々な事をもっと知りたいと思い、転職を決意いたしました。弊社は、国内だけでなく、海外にも拠点があり、様々なものづくりに携わっている会社ということで興味を持ちました。 HPなどを見たところ、ものづくりは車などの大きなものからデジタルカメラやスマートフォンなど身近なものまで幅広く取り扱っており、製作方法も1つではなく、色々な手法があり、それぞれにとても興味を持ち、おもしろそうな会社だなと思いました。また、前職とは違う職種ではありますが、サポート部隊として色々お手伝いをさせて頂く中で自分自身にとっても様々な経験ができるのではないかと思い入社を決意いたしました。

前職の経験が活きる数値の集計・分析。

現在は、経理部に所属しており、主に管理会計を担当しています。前職とはまったく違う分野で、初めはわからないことがたくさんありましたが、周りの方にサポート頂きながら頑張っています。その中で私が担当している管理会計は、弊社にとって必要な情報を収集し、表示・分析する仕事です。いくつかのシステムから必要な情報を入手し、エクセルやアクセスなどで集計、表示・分析する作業は、前職のプログラマーとしての知識も少しは役立てることができています。また、様々な資料を作成する中で、会社の状況や方向性なども理解することができ、社内の方と色々なアイデアを出しながら資料を作成することで、自分自身のレベルアップにもつながっています。

プログラマーからの転身、
新たな環境にチャレンジ。

前職は、システム系の企業でプログラマーとして働いていました。そこでは、多種多様な職場へシステム導入のお手伝いをしていました。その中でシステム導入以外でも会社の色々な事をもっと知りたいと思い、転職を決意いたしました。弊社は、国内だけでなく、海外にも拠点があり、様々なものづくりに携わっている会社ということで興味を持ちました。 HPなどを見たところ、ものづくりは車などの大きなものからデジタルカメラやスマートフォンなど身近なものまで幅広く取り扱っており、製作方法も1つではなく、色々な手法があり、それぞれにとても興味を持ち、おもしろそうな会社だなと思いました。また、前職とは違う職種ではありますが、サポート部隊として色々お手伝いをさせて頂く中で自分自身にとっても様々な経験ができるのではないかと思い入社を決意いたしました。

前職の経験が活きる
数値の集計・分析。

現在は、経理部に所属しており、主に管理会計を担当しています。前職とはまったく違う分野で、初めはわからないことがたくさんありましたが、周りの方にサポート頂きながら頑張っています。その中で私が担当している管理会計は、弊社にとって必要な情報を収集し、表示・分析する仕事です。いくつかのシステムから必要な情報を入手し、エクセルやアクセスなどで集計、表示・分析する作業は、前職のプログラマーとしての知識も少しは役立てることができています。また、様々な資料を作成する中で、会社の状況や方向性なども理解することができ、社内の方と色々なアイデアを出しながら資料を作成することで、自分自身のレベルアップにもつながっています。

原価計算との格闘。あの時の苦労が今の支え。

入社した頃は、企画グループに所属しており、会議の事務局や会議資料の作成サポートを担当しておりました。そんな中で、当時参加した「採算性強化タスクフォース」の一環で原価計算を担当したことは今でも苦労した分、自分自身のレベルアップに大きく影響したと感じています。参加するまでの仕事で取り扱う数値は、売上や利益など、既に計算された状態のデータを集計・表示することが多くありました。原価計算は、原価そのものを理解するところから始まる為、経理知識がない状況で挑むのはかなりハードルが高い内容だと当時は感じていました。 しかし、その当時の上司を始め、情報システムや経理の方々、コンサル契約した社外の方のサポートをお借りし、一つ一つ課題をクリアしていくことで、原価計算の仕組みを構築・理解できたことは、今でも印象に残っており、現在所属している経理部でもこの経験が役に立っていると思います。

原価計算との格闘。
あの時の苦労が今の支え。

入社した頃は、企画グループに所属しており、会議の事務局や会議資料の作成サポートを担当しておりました。そんな中で、当時参加した「採算性強化タスクフォース」の一環で原価計算を担当したことは今でも苦労した分、自分自身のレベルアップに大きく影響したと感じています。参加するまでの仕事で取り扱う数値は、売上や利益など、既に計算された状態のデータを集計・表示することが多くありました。原価計算は、原価そのものを理解するところから始まる為、経理知識がない状況で挑むのはかなりハードルが高い内容だと当時は感じていました。 しかし、その当時の上司を始め、情報システムや経理の方々、コンサル契約した社外の方のサポートをお借りし、一つ一つ課題をクリアしていくことで、原価計算の仕組みを構築・理解できたことは、今でも印象に残っており、現在所属している経理部でもこの経験が役に立っていると思います。

初めて挑んだ基幹システム導入プロジェクト。

2013年に「基幹システム導入プロジェクト」に参加したことが印象に残っています。当時は、これまでにもいくつかのプロジェクトに参加する機会があり、最初の印象としてはおもしろそうなプロジェクトだと思いましたし、また、前職の知識が少しは役立てられるのではないかと考えました。ただ、一方では、会社の基幹システムを入れ替えるという機会はめったになく、また、そこに参加できたことに当時はプレッシャーも感じていました。このプロジェクトは、基幹システムを入れ替えるというとても大きなプロジェクトだったこともあり、社内の様々な方や導入支援を行って頂いたベンダーの方と交流することができ、それぞれが抱えている問題を一緒にディスカッションし、解決に繋げられたのは大きな経験となりました。その中で、業務の流れを一通り学ぶことができたことが、現在携わっている管理会計の仕事に大きく影響していると感じています。

初めて挑んだ、
基幹システム導入プロジェクト。

2013年に「基幹システム導入プロジェクト」に参加したことが印象に残っています。当時は、これまでにもいくつかのプロジェクトに参加する機会があり、最初の印象としてはおもしろそうなプロジェクトだと思いましたし、また、前職の知識が少しは役立てられるのではないかと考えました。ただ、一方では、会社の基幹システムを入れ替えるという機会はめったになく、また、そこに参加できたことに当時はプレッシャーも感じていました。このプロジェクトは、基幹システムを入れ替えるというとても大きなプロジェクトだったこともあり、社内の様々な方や導入支援を行って頂いたベンダーの方と交流することができ、それぞれが抱えている問題を一緒にディスカッションし、解決に繋げられたのは大きな経験となりました。その中で、業務の流れを一通り学ぶことができたことが、現在携わっている管理会計の仕事に大きく影響していると感じています。

H.W.

試作品製造職
(電装担当)
2018年入社

試作品製造職(電装担当) 2018年入社

T.N.

設計職
(民生品分野担当)
2008年入社

設計職(民生品分野担当) 2018年入社

K.I.

設計職
(自動車分野担当)
2014年入社

設計職(自動車分野担当) 2014年入社

R.F.

営業職
2005年入社

営業職 2005年入社

T.A.

生産技術職
2018年入社

生産技術職 2018年入社

K.W.

生産技術職
2018年入社

製造職 2017年入社

S.O.

経理職
(単体担当)
2005年入社

経理職(単体担当) 2005年入社

Back To Top