skip to Main Content

K.I.

設計職(自動車分野担当)
2016年新卒入社

K.I.

設計職
(自動車分野担当)
2016年新卒入社

社内外での量産・試作設計。

 

全ての経験が

 

成長の源泉。

K.I.

設計職
(自動車分野担当)
2016年新卒入社

社内外での量産・試作設計。
全ての経験が成長の源泉。

新しいジャンルとの出会い、試作・開発の仕事。

私は小さい頃からプラモデルなどのものづくりが好きでものづくりに携われるような仕事に就きたいと思っていました。学生時代も機械工学を専攻し、就活中はいろいろなメーカーを訪れましたが、特定の分野の特定の部品を扱うメーカーが多く、どれもしっくりこない感じがしていました。そうした中で、偶然にも校内で弊社の会社説明会があり、試作という、私がこれまでに知らなかった全く新しいジャンルに出会い、幅広い業種のプロダクトの設計・試作を行っている存在を知り興味がわきました。また、説明をしてくれた先輩社員が、とても楽しそうに仕事の話をされていたことも印象に残り、応募に至りました。

「量産設計」「試作品設計」。両方経験して得た自信。

今の仕事内容は3D CADのCATIAを用いて量産車両の灯体モデリング(ヘッドランプなど)や車両内装部品の検討モデルなどを設計しています。仕事の中にも実際に市場に出回る「量産部品の設計」と事前検証用として使われる試作品の「試作品設計」という性質の異なる2種類の仕事があり、それぞれ設計要件を織り込みながら形状作成をしています。量産設計の方は設計期間が長く、「図面」での納入となります。一方、試作品設計の方は、設計期間が短く、生産部門での加工を経て「モノ」として納入します。量産品であれば市場で発売された時、試作品であれば展示会に出展された時、設計者の一人として携わることができたということに自信とやりがいを感じています。

新しいジャンルとの出会い、
試作・開発の仕事。

私は小さい頃からプラモデルなどのものづくりが好きでものづくりに携われるような仕事に就きたいと思っていました。学生時代も機械工学を専攻し、就活中はいろいろなメーカーを訪れましたが、特定の分野の特定の部品を扱うメーカーが多く、どれもしっくりこない感じがしていました。そうした中で、偶然にも校内で弊社の会社説明会があり、試作という、私がこれまでに知らなかった全く新しいジャンルに出会い、幅広い業種のプロダクトの設計・試作を行っている存在を知り興味がわきました。また、説明をしてくれた先輩社員が、とても楽しそうに仕事の話をされていたことも印象に残り、応募に至りました。

「量産設計」「試作品設計」。
両方経験して得た自信。

今の仕事内容は3D CADのCATIAを用いて量産車両の灯体モデリング(ヘッドランプなど)や車両内装部品の検討モデルなどを設計しています。仕事の中にも実際に市場に出回る「量産部品の設計」と事前検証用として使われる試作品の「試作品設計」という性質の異なる2種類の仕事があり、それぞれ設計要件を織り込みながら形状作成をしています。量産設計の方は設計期間が長く、「図面」での納入となります。一方、試作品設計の方は、設計期間が短く、生産部門での加工を経て「モノ」として納入します。量産品であれば市場で発売された時、試作品であれば展示会に出展された時、設計者の一人として携わることができたということに自信とやりがいを感じています。

答えがない「設計」で正解を追い求める面白さ。

設計業務の一番の難しさは、正解が無いことだと思います。無から有を生み出す仕事の中で検討を重ねどこまで正解に近づけていけるかが設計力を問われ苦労するところです。私たちがより良いものに近づけた、使い勝手の良い形状のものになったと判断してお客様に提案しても、時としてお客様からは異なった判断をされることもあります。また、試作設計では小さなミスであれば生産部門での調整で修正対応してもらえますが、組立てできないようなミスであれば直ちにやり直しをしなければなりません。さらに、量産設計の場合は、小さなミスといえども、後々大きな問題に発展してしまいかねません。量産設計、試作品設計ともにデータ出力時には気を抜けませんが、「使いやすさ・低価格・壊れにくさ」などの目標に向かって、理想の正解を求め探求し常にトライ&エラーを繰り返しながら改良し続けていくことが「設計」という仕事の難しさであるとともに、面白さでもあると思います。

答えがない「設計」で
正解を追い求める面白さ。

設計業務の一番の難しさは、正解が無いことだと思います。無から有を生み出す仕事の中で検討を重ねどこまで正解に近づけていけるかが設計力を問われ苦労するところです。私たちがより良いものに近づけた、使い勝手の良い形状のものになったと判断してお客様に提案しても、時としてお客様からは異なった判断をされることもあります。また、試作設計では小さなミスであれば生産部門での調整で修正対応してもらえますが、組立てできないようなミスであれば直ちにやり直しをしなければなりません。さらに、量産設計の場合は、小さなミスといえども、後々大きな問題に発展してしまいかねません。量産設計、試作品設計ともにデータ出力時には気を抜けませんが、「使いやすさ・低価格・壊れにくさ」などの目標に向かって、理想の正解を求め探求し常にトライ&エラーを繰り返しながら改良し続けていくことが「設計」という仕事の難しさであるとともに、面白さでもあると思います。

教える立場になり、初めて気づいた自身の成長。

入社後、しばらくは車両内装部品の試作品設計を担当していました。その後、車両メーカーへ勉強に行き、内装部品の量産設計の手法を学んできました。それまで試作品設計しか経験していなかったので、日々、周囲の人に教えてもらいながら、何とか業務を行っているという状態でした。その後、自分が成長したなと感じられたのは、自分より後から来た人に設計方法や構造などを説明できた時でした。説明できるようになるまで時間はかかりましたが、最初は右も左もわからない中で業務を行っていたので教えることができたときは成長を実感しました。また、メーカー内にいた時に試作品納入後のお客様での使われ方を学ぶことができました。社内での設計だけではわからない納入品の良し悪しや困りごとを、直接お客様から聞くことができたのは良い勉強になりました。社内での試作品設計の場合は、設計後の現物を確認でき、その度に設計の良し悪しがすぐにわかる為、案件を終える度に反省点が、経験として積み重なっていることを実感しています。

教える立場になり、
初めて気づいた自身の成長。

入社後、しばらくは車両内装部品の試作品設計を担当していました。その後、車両メーカーへ勉強に行き、内装部品の量産設計の手法を学んできました。それまで試作品設計しか経験していなかったので、日々、周囲の人に教えてもらいながら、何とか業務を行っているという状態でした。その後、自分が成長したなと感じられたのは、自分より後から来た人に設計方法や構造などを説明できた時でした。説明できるようになるまで時間はかかりましたが、最初は右も左もわからない中で業務を行っていたので教えることができたときは成長を実感しました。また、メーカー内にいた時に試作品納入後のお客様での使われ方を学ぶことができました。社内での設計だけではわからない納入品の良し悪しや困りごとを、直接お客様から聞くことができたのは良い勉強になりました。社内での試作品設計の場合は、設計後の現物を確認でき、その度に設計の良し悪しがすぐにわかる為、案件を終える度に反省点が、経験として積み重なっていることを実感しています。

K.S.

試作品製造職
(ハンドワーク担当)
2016年新卒入社

試作品製造職(ハンドワーク担当) 2016年新卒入社

M.F.

試作品製造職
(表皮・シート担当)
2014年新卒入社

試作品製造職(表皮・シート担当) 2014年新卒入社

T.S.

試作品製造職
(電装担当)
2014年新卒入社

試作品製造職(電装担当) 2014年新卒入社

N.Y.

デジタルモデラー職
2016年新卒入社

デジタルモデラー職 2016年新卒入社

K.I.

設計職
(自動車分野担当)
2016年新卒入社

設計職(自動車分野担当) 2016年新卒入社

H.B.

設計職
(プレス金型担当)
2018年新卒入社

設計職(プレス金型担当) 2018年新卒入社

K.U.

製造職
2018年新卒入社

試作品製造職(板金) 2018年新卒入社

Back To Top