skip to Main Content

K.S.

試作品製造職(ハンドワーク担当)
2016年新卒入社

K.S.

試作品製造職
(ハンドワーク担当)
2016年新卒入社

いろんな視点で

 

物事を

 

見てみる。

K.S.

試作品製造職
(ハンドワーク担当)
2016年新卒入社

いろんな視点で物事を見てみる。

二つの思いの実現と仕事の領域の広さ。

私は小さいころから「自動車」と「ものをつくること」が好きだったこともあり、学生時代は自動車の研究開発やものづくりを学んでいました。そんな背景から、仕事も自動車に関わりつつ、自分の“手”を使ってものを作りたいという二つの思いを実現することが可能な試作モデル製作の会社に興味を持っていました。学校に求人が来ていたモデル製作の会社の中で「アーク」は、構想から形になるまで、さらに自動車だけでなく家電やアミューズメントと幅広い仕事ができるというのが魅力的でした。また、ほとんどの大手試作メーカーが東日本が拠点であるのに対し、西日本のお客様の仕事にも対応できるように、西日本にも拠点を置いてあるのも魅力的でした。それらが決めてでアークへの入社を決めました。

モーターショーでの展示は努力へのご褒美。

仕事内容は、主に自動車のインテリアモデルの製作に携わっています。インテリアモデルは、大きなパーツで言えばインパネやドア、シートなどが該当します。ただ表皮を巻くだけの案件もあれば、型の作製からミシンを使った縫製までを行い、でき上がったものを巻くものもあります。他にも塗装など、表面処理前の製品の下地を作る仕上げ作業や、量産車を使った実車改造など様々な仕事をさせてもらうこともあります。この仕事をしていて良かったことは、自分が型から起こして、縫製したものが巻かれたシートやインテリアパーツが、車両に取り付けられている状態を見ることができたときや、それがモーターショーなどの大きなイベントに出展されているのを見たときです。さらに、お客様から感謝の言葉をいただいたときには、これまでの大変な作業や努力が報われた思いになります。

二つの思いの実現と
仕事の領域の広さ。

私は小さいころから「自動車」と「ものをつくること」が好きだったこともあり、学生時代は自動車の研究開発やものづくりを学んでいました。そんな背景から、仕事も自動車に関わりつつ、自分の“手”を使ってものを作りたいという二つの思いを実現することが可能な試作モデル製作の会社に興味を持っていました。学校に求人が来ていたモデル製作の会社の中で「アーク」は、構想から形になるまで、さらに自動車だけでなく家電やアミューズメントと幅広い仕事ができるというのが魅力的でした。また、ほとんどの大手試作メーカーが東日本が拠点であるのに対し、西日本のお客様の仕事にも対応できるように、西日本にも拠点を置いてあるのも魅力的でした。それらが決めてでアークへの入社を決めました。

モーターショーでの展示は
努力へのご褒美。

仕事内容は、主に自動車のインテリアモデルの製作に携わっています。インテリアモデルは、大きなパーツで言えばインパネやドア、シートなどが該当します。ただ表皮を巻くだけの案件もあれば、型の作製からミシンを使った縫製までを行い、でき上がったものを巻くものもあります。他にも塗装など、表面処理前の製品の下地を作る仕上げ作業や、量産車を使った実車改造など様々な仕事をさせてもらうこともあります。この仕事をしていて良かったことは、自分が型から起こして、縫製したものが巻かれたシートやインテリアパーツが、車両に取り付けられている状態を見ることができたときや、それがモーターショーなどの大きなイベントに出展されているのを見たときです。さらに、お客様から感謝の言葉をいただいたときには、これまでの大変な作業や努力が報われた思いになります。

ひとつずつ学んだ美しいデザインに必要な視点。

私は学生時代、工業製品寄りのものづくりを学んできました。実際の業務ではデザインに重きを置いたものづくりに関わることが多く、知識が浅かったため、そういう点に慣れが必要でした。例えばデザインに重きを置いたものづくりには、“線が通っているか”や“面が整っているか”、“ハイライトが…”のように、美しい形をつくるためのものの見方がたくさんあります。そういった「ものを見る力」を養うために、研修や実務を通して、先輩方の教えをもとに「線」や「面」を意識して見るように心がけました。ひとつ学ぶたびに、「次やるときはこういう視点で見るんだな」を繰り返し、それを積み重ねることで、今までとは違った様々な視点でものを見ることができるようになりました。まだ足りない部分は数をこなしながら身につけていきたいと思っています。

ひとつずつ学んだ
美しいデザインに必要な視点。

私は学生時代、工業製品寄りのものづくりを学んできました。実際の業務ではデザインに重きを置いたものづくりに関わることが多く、知識が浅かったため、そういう点に慣れが必要でした。例えばデザインに重きを置いたものづくりには、“線が通っているか”や“面が整っているか”、“ハイライトが…”のように、美しい形をつくるためのものの見方がたくさんあります。そういった「ものを見る力」を養うために、研修や実務を通して、先輩方の教えをもとに「線」や「面」を意識して見るように心がけました。ひとつ学ぶたびに、「次やるときはこういう視点で見るんだな」を繰り返し、それを積み重ねることで、今までとは違った様々な視点でものを見ることができるようになりました。まだ足りない部分は数をこなしながら身につけていきたいと思っています。

視座を上げることで気づいた視点。

入社して3年がたち、表皮の仕事だけでなく、表皮巻き作業の前工程となる素地の仕上げ作業から、後工程のアッセンブリの作業にまで携わる機会も増えました。前後の工程を一貫して関わることで、「表皮を巻くために、仕上げは、こんな風にしないといけない」や「アッセンブリのために、表皮は、こういう風に処理をしないといけない」、「アッセンブリすると、この隙間は見えるからきちんと処理しないといけない」というように、様々な視点から物事を見ることが可能となりました。自分のやりたい仕事だけに拘らず、他の分野も学ぶことで、新たな気付きがあり、得ることもたくさんあると思えていますので、さらに自分のできる仕事の幅を広げていきたいと考えています。

視座を上げることで
気づいた視点。

入社して3年がたち、表皮の仕事だけでなく、表皮巻き作業の前工程となる素地の仕上げ作業から、後工程のアッセンブリの作業にまで携わる機会も増えました。前後の工程を一貫して関わることで、「表皮を巻くために、仕上げは、こんな風にしないといけない」や「アッセンブリのために、表皮は、こういう風に処理をしないといけない」、「アッセンブリすると、この隙間は見えるからきちんと処理しないといけない」というように、様々な視点から物事を見ることが可能となりました。自分のやりたい仕事だけに拘らず、他の分野も学ぶことで、新たな気付きがあり、得ることもたくさんあると思えていますので、さらに自分のできる仕事の幅を広げていきたいと考えています。

K.S.

試作品製造職
(ハンドワーク担当)
2016年新卒入社

試作品製造職(ハンドワーク担当) 2016年新卒入社

M.F.

試作品製造職
(表皮・シート担当)
2014年新卒入社

試作品製造職(表皮・シート担当) 2014年新卒入社

T.S.

試作品製造職
(電装担当)
2014年新卒入社

試作品製造職(電装担当) 2014年新卒入社

N.Y.

デジタルモデラー職
2016年新卒入社

デジタルモデラー職 2016年新卒入社

K.I.

設計職
(自動車分野担当)
2016年新卒入社

設計職(自動車分野担当) 2016年新卒入社

H.B.

設計職
(プレス金型担当)
2018年新卒入社

設計職(プレス金型担当) 2018年新卒入社

K.U.

製造職
2018年新卒入社

試作品製造職(板金) 2018年新卒入社

Back To Top